お問い合わせ

SQSシステム工法協会

メニュー
 
SQS工法はココに適用します
施工事例のご紹介
施工実績一覧
SQS工法協会について
活動内容・技術登録
SQS工法協会会員一覧
お問い合わせ
 

SQS工法はここに適用します

 
CVスプレー工法

地下構造体への外防水は、躯体内部への水の侵入を防ぐと共に塩分などを含んだ水から躯体を保護するために必要不可欠な工法です。 しかし、施工面の凹凸、不十分な乾燥、セパレータ等の突起物、埋め戻しの際の土圧など、地下特有 の諸条件が、従来の防水工法では大きな障害となってきました。超速硬化スプレーアップシステムに よるハイポリマーウレタンゴム成膜技術により、躯体を高い性能で被覆し、信頼性の高い防水効果、 保護効果を実現したのがダイフレックスの外防水工法です。

 
 
 
CVスプレー工法の特徴

施工・養生時間が短いため、工費・工期の短縮が可能です。

中間杭等の複雑な形状にもジョイントの無い防水層を施工できます。

機械管理された施工システムにより、均一で高品質な塗膜物性を実現し ます。

加熱処理および-50℃の環境下において物性低下することはありません。 また、成膜したものは塩分を全く透過させず、さらに海水中においても 接着性能は低下しません。

CVスプレー工法
 
 
 
適用箇所
ボックスカルバート防水 トンネル防水 農業用水路の補修
       
地下タンク防水   建築地下防水   処分場法面防水
       
ため池防水   鉄板耐震補強防水    
 
   
   
 
ダイフレックスレジテクト
 
     
このページの上へ
copyright(c)2008 SQS Association ALL Rights Reserved.
  SQSシステム工法協会